• 大阪の弁護士は法律相談を無料でも行なっています

    大阪の弁護士には法律相談を初回無料で行なっているような人も多く見られますが、大阪弁護士会としても法律相談のセンターを設け悩み事に対処しています。



    困りごとの種類をいくつもに分けて案内していますが、最近増えていますのが遺言や相続のことです。近年は生前贈与や家族信託など新しい対処法がいろいろと報道されるようになり、また知られてきましたので、それを始めてみようかという人が増加しているからです。


    また遺言には自筆証書遺言と公正証書遺言がありまして、まず自筆の方は自分で書くにしても形式が決まっていますので、事前に相談しておくのが最善です。公正証書の方は弁護士が証人となるケースも多いですし、保管や執行も任せられます。

    一方これに対して相談の内容によってはすべてを無料で受けるものもいろいろありまして、その一つがクレジットカードやサラ金の問題です。
    このような件で相談したいという人は現在金銭的にやりくりに困っているわけですが、そうすると相談に行きたくても費用がなくそれで躊躇することも多いと考えられますので、大阪の弁護士会が無料で行なうことは大変に有意義です。


    この問題で相談が多い理由は一つは以前から利用している借り入れの過払い金のことがあるからです。

    goo ニュースに関する情報満載です。

    これまでに利息を払い過ぎていた人は返還を要求できるというものですが、弁護士は他の士業の人と違いまして請求額に制限などがないですので、安心して相談することができます。

    もう一つは最近は簡単に借り入れができるからです。



    サラ金は総量規制があり年収の3分の1までしか借りられませんので、借りる際に原則として年収の証明書が必要ですが、もし銀行であれば証明書が必要ありませんし、借り入れをする人の人数自体が増加している傾向にあります。